MENU

川辺堀之内区画整理組合 元副市長を提訴の方向で検討へ!

市民こそが主人公
あなたを守る社会をつくる
日野市議会議員の【奥野 りん子】です。

川辺堀之内 区画整理組合が、ついに、元副市長の 刑事告訴の検討に 入りました。

川辺堀之内の地域では、地権者が、区画整理 組合を作り、完成間近となっています。

元副市長のK氏は、市立病院の「院長相談役」でありながら、市が助成金を出している区画整理 組合においても、「理事長 相談役」に 就任していました。

K氏は、
1「臨時職員でありながら、院長相談役という参与待遇を与えられ、職場を牛耳っていた」
2「秘密に兼業し、利益相反に当たる組合から、報酬を受け取っていた」

私と有賀市議が、上記の地方公務員法 違反について、議会で告発しましたが、日野市が違法と認めないため、只今、東京地裁に提訴中です。

私は、それ以外にも、区画整理組合自体が、K氏の食い物になっている実態を突き止め、議会で告発しています。

なにしろ、組合の収支に関しては、経理を牛耳ってきたK氏本人にしか わからない上に、肝心な、契約書関係の一部は、既に 消滅しています。

証拠が無い中で、私は、10年に及ぶ経緯を追跡し、決算報告書を調べあげ、黒だと確信できる状況証拠を固め、レポートにまとめました。

その6万字に及ぶレポートを、市長と部長に提出し、一般質問においても、組合会計の実体を 暴露しました。

その告発を聞いて、与党に激震が走ったというのに、野党側は、「奥野の勝手な思い込み」と、片付けたい様子。もしくは、無視。いつものことですが・・・

しかし、「組合の会計が、最低でも5億円は、K氏の懐に消えた疑いがある」と、私が告発している以上、市も、看過できるわけがありません。

ここでやっと、組合は、市からの助言を受け入れて、K氏を提訴することも視野に入れて、動き始めました。

組合が雇った公認会計士の分析によれば、現時点において、K氏に支払われた報酬は、2億2500万円にも及び、そのうち、組合が感知していない分が、1億8000万円もあるとのこと。

俎上に上ったのは、まだ人件費分だけですが、私が弾き出した額と、ほぼ同じ‼️ 叩けば、さらに埃が出るはずです。

組合は、弁護士も雇い、「K氏が返還請求に応じない場合は、提訴も視野にいれている」とのことです。

やっと、ここまできました‼️

K氏の悪事が判明した次の段階として、今度は、K氏のやりたい放題を放置してきた 日野市の責任が 問われることになります。

なので、市に任せていると、提訴は、いつになるかわからないため、私物化された税金を取り戻すために、私は私で、引き続き、がんばります。

一手、二手を打ち終え、只今、さらに大きな網を拡げて、三手目を打っている最中です。